型。

2018年02月20日 02:47

2人の話を聞いていた。
聞きながら、どうしようもない一言をはさんだりしていた。
自分のポジは、そんなかんじ。

彼らは、どんな人と一緒にいるんだろうとか、今どうしてるんだろうとか、
なんか、そんなことはどうでもよくて、
だから過去の所属の人に連絡取らないんだなとか思ったりして、

黒歴史だなと思ったのは、それが過去になるから、
多分、全部の繋がりを繋げたままにしておけば、
多少の黒歴史が灰色ぐらいになったりするのかもしれない。


僕は、彼らの中の特であり続けているらしい。

みんなのけしき。

2018年02月04日 01:50

なんで起きるんだろう、とか。
タスクを引きずったまま、でも起きるときには思い出さないんだよな。

やってしまえば一瞬なのに。


よくわかんないけど精神衛生がよくなくて、
それを自覚するのかなんだかいやだったり、
別に衛生でも衛生でなくてもやることは同じなのにね。


いつの間にかどもるようになって、
いつの間にか同じ事を2回繰り返す話し方になって、
いつの間にか副長の仕草をコピーして、
僕は、誰であるんだろうと思ったりする。

何をやりたいんだろうって思ったりする。



なんか、気晴らしにどっか行ったらいいよとか、
なんかしたらいいよとか、あるけど、
そんだけの価値を消費してしまうことが、悪いことをしてる感じがして、
なんだか難しい気分になったりする。

そう、
難しそうだなって思うことが増えてきた、
そうやって、一歩引いて、腰が重くなることが、
増えてきた。

変局。

2018年01月29日 00:48

なんだかちょっと、別のような気がしたり。

この手は誰なんだろうと思ったり、
今喋ったのは自分の誰だったんだろうと思ったり、
好きだったジャスミン茶がひどく苦い汁に感じられたり、
なんだか小さなことでささくれ立ったり、
した。

何か食べたいんだけど、別に何も食べたくはなくて、
特に食べたくはないんだけど、なんとなくアロエヨーグルトを食べている。

もうちょっと収束してほしい。
なんの栄養が足りないのかよくわからない、
親知らずが他の歯を中央に向かって押している、

とりあえず、課題図書を読む。
久しぶりに本を読んでいて、
それはちょっと健康に良さそうなきがする。

堆積。

2018年01月22日 02:28

自然な殺伐さが必要なのかもしれない。

あと自制とか。

号。

2018年01月15日 00:45

名前が変わり、
書類が次々と書き換えられていく。
自分が、何かに置き換わっていく。



久しぶりに本を読み、
文字を摂取することは、考えを保つために必要なことかもしれないと思った。

本を読まなくなったのはいつからだったか、
前はネットのニュースの中身の無さが意味わからんくなっていたが、
今は長文が読めないという感じがしている。
読み飛ばしたり戻ったりしながら読んでしまい、
結局理解できているのか怪しいところ。

横軸。

2018年01月04日 01:09

アラームを2018年にセットした。

風呂に入ったあと栓を抜き換気扇。
洗濯乾燥機はあと1時間。
食洗機から乾いた食器を棚に入れて、
部屋に戻ると畳まれた洗濯物がかごに入っている。


記録してないこの2ヶ月を記録しなかったことはちょっと悔やまれるけど、
いまは、そんな感じ。

不動産屋に行ってほぼ即決したり、
平日休みに家電を迎え入れたり、
引越しとか電気ガス水道の手続きをして、
1ヶ月の一人暮らしをしたあと、
二人暮しになって、
割りと突発的に指輪を見に行ったのがクリスマスだったり、
引き取ったのが大晦日だったり、
すぐ忘れてしまう自分にも、
図らずともわかりやすい感じになった。


大人になるってなんだろうな。
籍を入れたことで私は私の名前だった人を殺してしまったけど、
なんなんだろうな。


向こうは、いろんなことをよく覚えていて
ここに書かなくてもいんじゃないかなと思うぐらい。


へや。

2017年10月23日 01:05

自分はまぁいいとして、

ずっとずっと家に帰ってきた人が、帰ってこなくなるというのは、どんな気分になるんだろう。
別の場所に帰る、というのは、どういう気分になるんだろう。

別の場所に帰るのはまぁやったけど、
なんだか、今彼にとって秒読みが始まっている。


引っ越しの日は、なんか知らんけどついてきて、
長い電車で悲しくなったりするのかなとか思ってたけどそんな感じじゃなかったし、
ふわふわと過ぎた時間、
今回も、ふわふわと過ぎるんだろうか。

配分。

2017年10月01日 01:59

特にこれといって何か生み出してるわけじゃないのに
特にこれといって何もないから消費衝動があるの、よくないなぁと思う。

最近はごはん。
去年、机を買うのに数千円で悩んでいたのはなんだったんだろうか。

言い換えれば、誰かが何かやってくれることにお金を出せるようになったというか、
珍しいものをくれるとか、自分のことを覚えててくれるとか、
そういうのにお金を出すようになったんだなぁと思う。

別に、まぁありがたいことに、
困窮してるわけじゃないし、
毎日外で、ちょっといいご飯を食べても生活に支障はないんだけど、
でも数円の差で遠いスーパーに足をのばすとか、
そういう精神は忘れないでいたいなぁとかって思うわけで。


今日は、行ってみようと思ったお店が混んでて入れなくて、
休日の街に放り出されたような気分になって、
だから、馴染みの人が言ってたコンビニスイーツを買って、
家でお湯を沸かしてカップを用意してコーヒーを入れて、
机の周りをちょっと片付けて、写真を撮って、食べてみたりした。

情報を食ってる。
情報を食ってるんだなと思った。

話題のお店とか、それは好きかどうかはよくわからないけどとりあえず行ってみるの、
多分、街に放り出されたような気分の人たちなのかなって、ちょっとだけ思った。

人間は、知ってるってだけで、仲間になれる。


あとはまぁ、
道具を揃えてコーヒーを用意する、
別段たいした操作はないけど、
それは買うよりも面白い行為なのかもしれないと思った。
完成品が出てくるより、アクティビティとして面白いかもしれない。
コスパもそうだけど。
フルーツカクテルというやつが飲みたかった、
探して行ってみるのも面白いと思うけど、
あの馴染みのねーさんがいつも使ってるハンドミキサーを買って、
やってみる方が、面倒だけど、面白いのかもしれない。


最近の記事