矛盾。

2016年02月10日 00:44

先生の役に立ちたかった。
先生は意識すらしてないと思うけど、
間違いなく自分を引っ張りあげてくれたのは先生だ。
だから、先生の役に立ちたかった。


隣の研究室は、なんだか毎日楽しそうで、
なんだか毎日日が暮れてしまう前に帰っているみたいだった。


博士には手当がでているらしかった。
それが例え幽霊博士で、
研究室の運営やら事務やら。何も出来てないとしても。


修論卒論は頑張るだけ無駄だと先輩は言った。


先生の役に立ちたかった。


毎日早く帰りたかった。
別段なにか予定がある訳じゃなかったけど、
撮影の事とかシュウカツの事とか、
他の事が楽しかった。


先生の役に立ちたかった。


実験も測定も出張も増えていって、
間違いなくそれは自分が担当すべき事ばかりだった。


先生の役に立ちたかった。


同期の子達は修論が終わったら春休みで、
おそとに遊びに行くらしい。


先生の役に立ちたかった。
でも、
先生と話すのは嫌だった。


先生の役に立ちたかった。
でも、
先生の役には立たなかったんだ。


修論発表は130%ぐらいの事が出来たけど、
その前は散々だったね。


早く卒業してしまえば良いのに。
早く学会が終わってしまえば良いのに。
共同研究費の契約期間は3月末だ。
自分の研究室に対する契約期間はいつまでなんだろう。
早く終わってしまえば良いのに。
あ、でもトリセツの制作はした方が良いと思うの。
あとAとBが何故くっつくのかはちょっとしりたかったな、
あと倉庫に放置してある古いサンプル、あれ自分がいなくなったらもう後輩はどれがいつの何だか分からなくなっちゃうから、その前に自分が処分しないと。


はやく、


はやく、
おわってしまえば
いいのに。


じかん。

2016年02月01日 09:17

昨日、一昨日、その前ぐらいだったか。
なんだかとてもかなしかったんだけど、
なんだかあんまり忘れてしまった。
忘れてないんだけど、忘れてしまった。

北へ北へ運ばれていく。
後輩には、現状把握してないって思われてるのだろう。
会話のテンションが、意図せず上がってゆく。

論文の体をなしてないって、
でも頑張っても頑張らなくても優なんだって。
大丈夫だろうと思われてたんだけど、大丈夫じゃなかったって。


北に行ってる。

北に行ってる。


心肺の辺りがぎゅうとなる。



週一で安定剤を摂らせてもらっている。
なかったらなかったで、違うルートになったのか、
見たくもあり、見たくもなし。

浮上分離。

2016年01月21日 01:13

我ながら軽いけど、
まぁ、そのぐらいで。

諦めたと思った自分が、
ちゃんとやれてなくても良いやって思った自分が、
でもやっぱりそれはカッコ悪いなって思ってたんだね、
だから少しずつ、
酸素が薄くなっていく。



でも今はちょっと、
良い意味で、もういいやって。

こうなれるまでに、時間がとてもかかる、し、
多分明日にはまた戻ってるんだろう。



何が良いたいかって、

先生すげぇ。

先生の事は得意じゃないけど、
ちょっと、ああなりたいなって、
おもう。

久しいかぜ。

2016年01月10日 00:23

久しいかぜがやってきたからちゃんと記録しようと思ってたんだけど、
ここに来たら落ちついてしまった。

精神構造を変えたくて、
でもそれは死を意味するんじゃないかって、
苦い食べ物が苦く感じるのは他のものが甘過ぎるせいだって。


あのときうまく話せないのは畏怖のせいで、
あのときうまく話せないのは、プライドのせいだって。


だいたい、自分のせい。
まぁ、それは、
自分が、
じぶんだから。

半年半年。

2015年11月01日 23:45

滞っていて、滞っていて、
嫌で、
でも、
後半年、
あと半年だから、
後半年したら別の世界へ行ける。
あと半年なんとかすれば良いんだって、
早く終わってほしいって、
思っている。


きっと3月末には、
嗚呼こんなにもあっという間に終わってしまったと、
泣くのだろう。

ポロシャツ。

2015年08月19日 01:46

自分が足りてない、
足りてないって事は分かってるんだけどね。

誰かの為でいたかったのか、
日々に気怠さが充満して、
中身の無い過去が積み重ねられていく。
振り返って、なにもなくて、
何も無いという事実が未来を潰す。

待たれている。
走り出すのを、
推進力を持って走り出すのを、
待たれている。
もう、遅過ぎる様な気もするけど、

待っていてくれてるんだ。

雑踏ホット。

2015年06月27日 23:23

先週はシュウカツというやつで、雑踏の中にいた。
相変わらずぎりぎりまで溜めて、適当に入ったカフェで文字を書いた。
郵便局は、そこそこの時間までやっているらしかった。

文字をかくから結露は嫌で、暑かったけどホットにしようと思った。
メニューは少ないのに、珍しくミルクティーを置いてるところだった。

フタを開けて口をつけたら、
目眩がした。
大量のCDと書きっぱなしの黒板、背もたれの無い椅子、瑪瑙のすり鉢、ドロッセルのフィギュア、なりっぱなしの音楽、土曜日のラジオ、埋め尽くされた机、埋もれたPC、BOSEのスピーカー、転がるカメラ、
花瓶にささったままドライフラワーになった花束、
芳香剤で上書きしきれない煙草、
ブラックコーヒー、
マグカップに組み立てられたミルクと、あとからやってくる、
アールグレイ。

260円。
チョコチップマフィンもそのぐらいの値段。
隣では観光の2人がマップを見ながら作戦会議、
隣では、おじさまが読書。
目の前はガラス張り、どこかへ行く人が、出張の人が、旅行の人が、
休憩から帰って来た店員さんが、
階段から湧いてくる。

文字を書いた、書いていた、ひたすら。
それが何のプラスになったのか、全然わからないし、結果にとってはプラスじゃなかったのかもしれない。
ただ少なくとも、自分にとっては間違いなく構成要素だと思った。
隣の人はどんどん入れ替わった。
アールグレイは醒めていって、
封筒に封をした。

なんでもかんでも最後のって付く気がして。

2015年05月27日 00:45

高校で言うところの3年生なので、大体の行事がもう最後になる。

後輩にばっかりちょっかい出して、
後輩にばっかり世話やいて、
自分の事は8分目。

ま、いつものことですかね。


自分に積み込まれたものを渡しとかなきゃって、
そんな感じ。


最近の記事