ただただ月日が流れて行っている様な気がする最近。

2017年07月30日 02:27

氏や氏の家族にとって、にかいめ、なんだろうなぁとかって。
だから何ってわけじゃないんだけど。

性格的なレアリティ。
張り合う事を諦めさせてくれる時間の壁。
楽しい、の定義。


うごき。

2017年07月19日 02:28

落ち着きも集中力も下がっている。
自分の予定を事前に決める、というタームがどんどん短くなっていて、
世の中はとても便利でいつも連絡でき、別に絶対にそうしたいわけでもないから
できるならやるしできないなら他のことを考えようとかって、
そんな感じで可能性が乱立してその時のタイミングと条件で予定が流動的になっている気がする。

集中している時間は楽しい。
それはピアノを弾いたり習字をしたりしてる頃は当たり前に存在していた。
本も他の人よりも幾分か読むのが早かったし、むしろ本を読むのが嫌いと言ってる人のことはよくわからなかった。
でも、今はよくわかる。
文字を追うのが面倒なのだ、
しかもなかなか進まない。

いつからか、本が嫌いになり、深く考えることができなくなっていった様に思う。
明日のことは明日考えて決めればいいし、
来週のことは来週になってから確認すれば良いのだ。


でも、そういうのはどうやらだめらしかった。

予定を考えよう、そんで、
何をするか決めて、それを実行しよう。

さしあたり、早く寝よう。

疎通。

2017年06月26日 23:05

この局面で、
この状況を楽しめてる?
だってさ。

嗚呼、僕はこの人と一緒に生きてくのがいいなって。


吊り橋効果。



焦ったり、責めたり、試験を急いだりしないでほしいなぁ。

折衝。

2017年06月25日 23:59

どうやら、彼は彼で帰ってきたらしかった。
ここから、どんな風になるのか、

人は寝て、
起きて、
毎日、うまれかわる。

昨日のことを覚えている、
こないだのことを覚えている、
自分が、何年か生きていたことを覚えている、
それから、僕のことも、覚えている。
まぁ、それがあれば、十分かな。

何が当たり前で、
何が当たり前じゃなくて、
どれがふつうなのか。
どれが、変化点なのか、
なんて、
そんなにわかることじゃないような気もするね。

ごがつまとめ。

2017年05月31日 13:12

たくさんのいろんなことがあった。
ジェットコースターみたいで、悪くないなと思った。
多分、仕事をちゃんとしてる人は、毎日ジェットコースターみたいな時間を過ごしているんだろうなぁと思った。
母上は、いろいろありすぎて忘れたってさ。

勤務して勤務して連絡が入り、勤務して勤務してさわやかを食べて、掛川で鳥さんを見て黒いはんぺんとお話をした。
帰って様子を見てばば様のところへ行き帰って、研修して飲んで研修をして前泊して研修して研修して33と飲んで、寝てた。
氏に来てもらうイベントをし夕飯を食べすぎるなどし、医者を三軒はしごし自分もレントゲンを撮られるなどした、一回帰ってから動物の写真を撮り、勤務研修研修勤務、この間に予定が不確定であることが確定し、次週の休みを勝ち取るなどした。
氏のメガネをつくりに行った、会社の歓迎会の幹事は多少ドタバタしたがなんとか収まり、のんびり首をさすりながら平日を過ごし、勝負はそこそこにして結局安定剤を積んだ母上の勝利で、自分は突発で人に会うなどして勤務、勤務。
歳も食い洋菓子を三人で食べに行き、あとはじじさまのところに行ったりした。

鳥さんを撮ったことが、随分昔のことのように思える。
氏はなんだかつよくみえる、
たまに、氏にとって「私」が27歳であることが2回目だからかなぁと思ったりする。
そうやって、過ごしていると、人間は何回か同じ時間をやれるような気がする、
多分、高校の先生がなかなか老けないのは、そういう理屈なのかもしれないなと思う。
氏は僕の思想で氏がカスタマイズされることについて抵抗がないのはちょっと面白げである。
人にあげるものを選ぶのはあんまり得意ではないので、僕の好きな氏を作るためのメガネを選ぶ、という表題は
氏にして出来る芸だと思った。

母上と父上は、なんだかどうしようもなく、
ただただ、自分はどうやって死にたいのかなぁ、と思わされるばかり。
どうやって生きたいのかなぁ、どうやって死にたいのかなぁ。
希望を持つとその通りにはならないからなぁ。

肩があまりに痛いので医者に行ったら肩こりのお化けですねと言われた。
首がまっすぐになってしまっており、すこしズレもあるそうで。
むち打ちになった人がするやつをしている。
そういえば首がたまにぱきぱきと鳴るので、以後姿勢をよくせねばならないらしい。
職場でも姿勢の悪さを指摘されているので、どうにかしたいが、まぁ。


名前はいくつかある。
ひとつづつ、作ってはたのし、飽きて離れ。

うしととり。

2017年05月06日 23:53

また、ぼさっとしているうちに鳥を見に行くことになっていた。
観光、という旅行に馴染みがないんだなぁということを知る。

明けにまた新幹線にのった、今回は最初から二人だった。
思いがけずに城を見て、まぁ歴史も少しは知っていると面白いのかなとも思えた。
うしさんはファミレスなのに二時間待ちで実力を見せつけられた。
ちなみに別の食べ物だった。
あと、お風呂はたまに行くと面白いことがわかった。
フルーツ牛乳はよくわからない味がした。

鳥さんはたくさん感想があるけど、とりあえず猫カフェより楽しくコスパもよい。
行くのが大変な分お安いのかもしれないけど。



楽しいときに楽しいリアクションをしよう、って、
割りと毎回思うけど、
多分今回もまた、思うだけなんだろうなぁ。

推進力。

2017年03月20日 21:52

推進力が求められていた。

昨日、
午前はなんだかなぁという展開で、
なんというか、とてもつよいいきものをみた。
進めたり、決めたり、交渉したり、そういう力が必要なんだなぁと思った。
午後はおとなしくしていた。でも、なるべく自分という生き物がどういう感じなのかは
伝わってほしいなぁとも思ったけど。

相変わらず、分析力とそれをやわらかに表現してくる感じは不服でありすりよってしまうところであるなぁと思う。
一方で自分の方が器用な生物だと信じで疑わない点は、自分の晴れやかな部分だと思う。
今まで、怒られてたことがどちらかといえば奨励され、
むしろプラスして要素が与えられている。
僕は、どうすれば氏が怒らせることができるのだろうかとたまに思うけど、
それは自分にとって行動に起こせないことであるような気がして、
あるいは地雷は埋まっていてこそなのかもしれないなと思う。

昨日の夜は比較がなされて、自分の家にとても怒っていたように思う。
礼節。






この選択が大丈夫なのだろうかと、何回か考えてる。
分岐の最初がどこからだったかはわからないけど、
とかく最初はありえねぇと思っていたわけだ、それは自分の周りにいた人が案外女性的な造形をしていたからのように思う。
目的地と違う駅で降りようとするしなんだか落ち着きがないし、
割とディープな話を電車の中でそこそこ大きな声で話しちゃうし、
全体的に弱そうだなっていう感想だった。
鼻炎だしお箸の持ち方謎いしすぐネクタイになんかこぼしちゃうし汁物の取分けが不得意だし。
でも気づいたら随分と追跡されていて、おう待てやという具合だった。
いろんな人を知ってるくせに、なんかよくわかんねーとこで照れたりするのは不思議だなぁと思う。
僕が氏にとって都合の悪いとこを書くと、後で僕の忘れている僕の都合の悪いところをたくさん並べられそうでつらみ。

狭く、深く、広く。

2017年03月05日 23:27

みたり、きいたり、いろいろ。

父上は相変わらずの容体で、
母上も相変わらずで、
ただ、「食べろ食べろと言われながら食べるのは辛いね」と言った。
「何がつらかった?」と、
「幼稚園の頃」に続いて、3行目だなと思った。
あと、「辛い食べ物しかなかったら、それは辛いとは思わない」に引き続き、
「それはわからなくていいよ」は悪手だったけど、
まぁ、それぐらいは許されろとも思った。

この家になってから、ばばさまのところへ久しぶりに行った。
あまり疲れてないなと思い、疲れとは比較級なんだなと思った。
そのうち、こちらが疲れる時がやってくるのだろう。
マグロのカマを入手し、解体するなどした。

あと、遊園地とか、舞台とか、そういう遊びとかをしている。
受動的なものはなんだか、形に残らないからか、不安になる。
あとCP+に行くなどしたが、麺を作った方が印象的であった、
作るのは、たのしい。
マグロの解体も、まぁまぁ楽しかった。


自分に価値が払われている、
こんなにも消費していて、罪深いと、思う。
でも経済はそれで回っている気もして、
それから僕は、僕は、
死ぬ時に、もっと言葉にすればよかったって、絶対に思うんだろうなって、
それはもう半年ぐらい前から思っている。

最近は、夢をよく見る。




最近の記事