本当に今、生きてるのだろうか。

2009年10月15日 22:43

そう思う事が度々あった。
メールとネットと、そういうものに溺れて。
決まってそういう時。

でも最近は、そんなどうでもいい考え事は忘れて、
鍵盤の前に行く事が多くなった。

大学の、ピアノの練習室。
初めて行ったときはその狭さにびっくりしたけど、
でも座ってしまえばもう、そんな事関係ない。

やっぱり、生のピアノっていいなって思う。
自分に、正直。
練習してないとすぐに、返ってくる鍵盤に見抜かれる。
弾いたときの爽快感がない。

だから最近、何日か置きでもいいからピアノ室に通ってる。
学科からすれば部外者だけど。
すいてるし、いいよね。

華麗なる大円舞曲も木枯らしのエチュードも、途中までしか弾けなくなった。
軍隊ポロネーズはかろうじて。

隣から、その隣から。
旋律が壁を伝って抜けてくる。
クラシックには明るくないから、誰の何て曲だか知らないけど。
けたたましく右手の動く曲。
自分だって、もっとレパートリー増やしてやるし。
って思っちゃう。
なんか、楽しい。

この間。
大円舞曲の両手が始まってからの4小節。
たまたま、4小節だけ弾いて止めた。
そしたら、隣の部屋から次の4小節がやってきた。
壁を隔てて。
顔も知らない。
誰?
でも凄く嬉しかった。
だから次の4小節を、弾いた。
向こうの人は自分の4小節の後、さらに4小節を続けた。
壁を隔てて、見ず知らずの人。
でも、同じ曲を交代で弾いた。
リレー。
音が返ってくる。
その人と、仲良くなれたような気がして、
会話出来たような気がして、
うれしかった。

久しぶりに、あぁ、生きてるんだなって思った。
一曲弾き終わった後の余韻とか。
腕の発熱してる感じとか。

ピアノ。

2008年10月23日 22:34

最後のレッスンだった。
まあ、最後の最後まで、自分は。

きっともう、あのKAWAIを弾く事はもう無いのだと思う。
ただ、有難う最初の1頁。

放物線。

2008年04月10日 23:27

駄目なんだよ。1日でも。
聞いた時は結構納得してたけど。
駄目なんだよ。

休んだら、否
手ぇ抜いたら。
修復に、3日はかかる。
・・・基礎がなってないからいけないんだけどね。



そう。

ゆっくり弾いてみて。
じゃぁここから。
片手で。


そんな事したらもっと弾けねぇから。
初見の人みたいになっちゃうから。


まっずいんだよなー・・・・・・それじゃぁ。

クラゲ。

2008年03月28日 23:09

ちょ、
これ
浮いてる浮いてる!!
浮いてますって!





噛み逢え。
もっと、奥まで。

こらまた。

2008年02月22日 22:30

時間かかるでー・・・。

エチュードですよ。エチュード。
エテュード。
っつうと何かが楽しいですね。ちょろ楽しいですね。

・・・最近の独り流行りは

ちょろ

なんです。ええ。
「ちょろ靴下」とか面白くないですか?
「ちょろリンゴ」とか、「消しゴムちょろちょろ」とか。

ちょろちょろー。
てょろてょろー。


って。
違うよエチュードですよ。
去年発表会と行事が重なってて不発だったエチュードですよ。
そろそろ弾き始めようか。
って事だったんだけどこれ。去年不発だったもんで、ツェルニーの1ケタで苦戦してる人間には結構アレだったらしくて、こないだ弾いてみたんだけど、

湿気てるー・・・。

弾けてない。ならまだしも、
弾けなくなりました。
1段目で間違えるとか!!
ゆっくりなのに!!



・・・でもまぁ。曲の再開という事で。

楽しいっすよ。

みかん。

2008年01月08日 01:58

完全に腐ってしまっていた。
腐らせてしまっていた。


「好き期」と「嫌い期」がある。
嫌い期に怠らないでいれば、保てるのだが、
そうもいかず。


もう、来年の発表会に新しい曲をやるつもりはない。
去年封じたエチュードがあるから。
ただ。

それは手の中で腐っていた。





ミイラ化へ。

イカ。

2007年12月21日 22:02

ずっと、本当に毎日やってた。
エチュードのお影で。

でも、それもだんだん、効力が切れてきて。
ピアノ置いてあるところ、寒いし。
指なんか、まともに動いたもんじゃないし。


っつってるから。



弾かなきゃ。
そしたら、同じ強さで弾けなくなった。
気がした。
イメージ通りに、動かない。
鍵盤の上で、のたうちまわっているあれは。

ツェル二ー。

2007年11月11日 22:30

木枯らしが終わり、普段の曲になりました。

・・・鬼門・ツェル二ー。
ショパンのエチュードは出来ても、ツェル二ー30番に苦戦するのはおかしいようで。
先生もあまりの進まなさに、自分にツェル二ーをやらせて、果たしてそれが正しいのか疑問に思うようになったそうです。まぁ、本格的にピアノの道にいく訳じゃないですしね。でも一応、バイエル・ハノン・ツェル二ーは王道だそうで。

何となく、弾く楽しさに欠けるっていうか・・・やる気が削げます。
それでいつも、違う本の方(同時に3つの本をやっています)ばっかり。

・・・。

ごめん先生。


最近の記事