買い物に行くと、財布に入っている分だけ使ってしまうようです。

2009年05月30日 18:16

服を買いました。
ただ、ちょっとこれは、
普段は着れないかもしれない。

もうすぐ、5月が終わる。
紅茶も欲しいし、帽子も買いたいんだけど、な。

バイトしなきゃって、
切実に思う。

的。

2009年05月29日 20:53

色んな方から、色んなものを頂いた。
どれもこれも、好みの的を得ていて、まだ会ってから1ヶ月と経っていないのに、
なんでもお見通しなんだなぁと改めて思う。
サボテンとか、
1人分の紅茶をつくれるカップとか、(しかもハリオ)
考える人のキーホルダーとか、(西洋美術館ver.)
もう、やばいね。


街を歩いていたら、キリスト教の人に引っかかってしまった。
いろんな悩みから解放されて、不安に苛まれる事ない人生を神様に頂けるらしいですね。
はぁ。
悩みや不安がなければ、人間は成長出来ない気がするのですが。
自分のチャンスを、他人に預けてしまう事なんてしたくないなぁ。
なんてね。
よっぽど言いたくなったのだけれども、やめておいた。
きっと、それほどまでに悩んだ事が自分にはないんでしょうな。
ちょっとそう思った、最後の10代を迎える日。
高校生ですか?だって。
年下に見られたのは、人生で初めてかもしれない。

そんな自分の、そうだな、救ってほしい悩みは、
1890円のケーキも、
2400円の楽譜も、
その場で即決で買ってしまうのに、
1500円の服とか、
300円位のノートとか、
買おうかどうか、何週間も悩む。
そらもう、悩む。
全部それなりに愛着はあるのに、すぐ買うかどうかがどうしてこんなに値段と反比例しているのだろうか。
今日こそは服を買ってやろうと思って行ったのだけれども、
ううむ、そのお金があったら、紅茶が買いたいかな。
なんて。
最近、服に対して金銭感覚がおかしいのかと思い始めた、
最後の10代を迎える日。

最近。

2009年05月27日 18:59

最近、なんだか億劫だ。
最近、喉が痛い。
最近、鼻をかむと、鼻水が赤い。

何とかしないと、歌が歌えないかもしれない。

人間は、なんであんなに喋るのだろうと思う。
喋って、何かが増えるわけでもないし、減るわけでもない。
そうだな。
昨日は、喫茶店の話をして、そらもう疲れてしまった。
頑張って喋るっていうのは大変だ。
あんまりテンションが上がりすぎると大変だ。
今日は、殆ど喋ってない。
というか、滞在時間と通学時間がどっこいだ。
ううむ。
なんだかテンションが芳しくない。
人間は、なんであんなに喋るのだろうと思う。
喋って、何かが増えるわけでもないし、減るわけでもない。
うう、む?

悔しいから、前から覗いてやろうと思っていた、駅ビルの地下に行ってみた。要するに食品売り場。
いろんなものを扱ってそうな店名だったので、しばしの期待を込めて棚を覗く。
青の、水色の、蓋の丸い缶が、仰山。
ぎょーーーさん。
わぁっ。
その下には、同じデザインの瓶が、やっぱりぎょうさん。
わー。
と、いうことは、だ。
奥を見やると、金色の缶も、ぎょうさん。
同じロゴの瓶も、仰山。
その隣には、長細くて最後が苦戦する瓶も、仰山。
す、スバラシイ感じ。
ただ流石に、銀色の、城っぽいのは不在。
代わりに、銀の、象の描いてある缶があった。
家に帰ったら、調べよう。


ちょっと元気になった。
ははは。
薄っぺらいな、じぶん。

唐突に。

2009年05月25日 23:43

「陽の、

初恋は。」



そう聞かれて、間抜けな顔をしてしまった。

「それは人間に?」

「まぁ、・・・人間に、だねぇ。」

「・・・かくかくしかじかうまうまで色々えぐい事もあったけど、今はみんな仲良しだよ。
っていうかそういうの、あんまり。」

って返したら、

「あぁ・・・まぁ確かに陽はそんな感じするね。」


ちょっと心外だ。
予想通りではあるけれども。

タイムマシン。

2009年05月21日 22:18

過去と未来、どっちのタイムマシンが実現可能だと思うか。

そう言われたから、どっちも信じないといってやった。
そもそも、時間とはなんだと問うてやった。

彼は言った。
戻るのではない。
別の世界に、パラレルワールドに。
名前がついているものは実現可能だ。
本当に難しいのは、名前の付いていないものを実現させる時。


通勤快速。
隣同士で、こんがらがった話。
自分とは?世界とは?
睡眠と死の話。
自分の材料の話。
この世界はなぜ作られたかの話。

彼は言った。
人間は、遠くを見る事は出来るけど、大きいものを見る事は出来ない。
地球から星を見る事は出来る。
でも、顕微鏡に乗せられた生き物が、顕微鏡や人間を把握することは出来ない。
外の世界を把握することは出来ない。

学年は一緒。
だから遠慮しない。
容赦しない。
でも、彼はもうすぐ二十歳。
自分より少しだけ長く生きてて、自分よりポジティブ。
淡々としてて、ありがたい。
口論にはならない。

隣の人は、こんな会話が聞こえて困っただろう。
2人で腕を組んで、かなり真剣に話してる。
途中で、精神科にかかったみたいだと彼は言った。
そして降りていった。

そろそろ、自分の駅。

喫茶店。

2009年05月20日 23:00

「いや、ここはそんな、フツーに入ればいいから。」

友人が先陣を切る。
ずっと行ってみたかった喫茶店。
ネットで下調べして、何を頼むかも決めて、定休日に場所を確認して、
今日。
後ろについて、怖れながらアンティーク調の細い階段を上る。
ずらり、綺麗にディスプレイされた茶葉。
明るい店内。
通りを眼下に、ガラス張りの壁。
古いけど、綺麗に磨かれた木のテーブル。

「3名様ですか?」

丁度良い角度の、クリーム色の椅子。
手書きの、アルバムのようなメニュー。
お冷やに口をつけると、檸檬の風味が広がった。

「スコーンと、アップルティーで。」
「スコーンなんですけれども、出来たてをお召し上がり頂く為にお時間の方20分程頂戴してもよろしいでしょうか。」

極力丁寧に返事を返す。
でも内心は、びびりまくりのテンション上がりまくり。

恐ろしく静かに置かれた、真っ白なポットとティーカップ。
そそぐ前にカップに触れれば、やさしい温度。
本当は、そうしない方がいいのかもしれないけど、思わずポットの蓋を開ける。
隣の彼女が、

「わ、いい匂い。」

猫舌の自分、半分ぐらいまでそそぐ。
カップの縁に口をつけて、深呼吸。
満ちる、りんご。
ちょっとだけ、ハーブが入ってるかな。
ゆっくり息をはけば、頬の筋肉が収縮する。

「わかったから、嬉しいのはわかったから早く飲みなよ。」

向かいの彼女が頼んだのは、アールグレイ。同じくポット。
ちょっとだけ分けてもらう。
確かに、アールグレイ。
でも、至極優しいアールグレイ。
次、来た時はアールグレイにしようかな。
でも違うのを開拓する方がいいかな。

チン!
ちょっと遠くで音がする。
泡だて器とボウルの、くぐもった音も。

「お待たせ致しました。」

スコーンと、イチゴジャムと、クリームが、3つ。
初・スコーン。
向かいの彼女が2つに割ると、あまい空気がこっちまでやってくる。
それに倣って、こんがりを2つに割る。
中からふわふわが出てくる。
そのままでも、すごくおいしい。
でも、
甘さひかえめのクリームを合わさると、そらもう悔しいぐらいおいしい。

隣の彼女のキャラメルミルクについてきた、砂糖のポット。
一つ拝借して、自分のカップに迎える。
屈折を楽しんで、またちょっと違う味。
ちょっと甘めの方が、好き、かな。


また来よう。
今度は、もう一種類のアップルと、



スコーン。

蛇口を捻る。

2009年05月19日 23:48

「蛇口を捻る。」

蛇口って、水が出てくる所と違うんか。
って思う。



そしたら電車、寝過ごして、
U和まで行ってしまた。

びっくり。

2009年05月17日 09:49

今日、初めて気がついた。
記事に、拍手がきてる。

今日、初めて気づいた。
ここんとこ、記事に拍手が来てる。


なんかわかんないけど、
なんか伝わらないかもだけど、




とっても嬉しい。

拍手はコメントと違って、誰からのものなのかわからないんですね。
いやぁ、拍手なんかもらった事殆どなかったんで機能についてまともに知らないという。

ほそぼそとやっているかむぱにーでありますが、これからもどうぞよろしくお願いします。

ありがとう。

これから電車で帰ります。

2009年05月17日 07:37

今日は雨なので、バイトはお休み。
遊んでから帰ろうと思ったけど、いかんせんお店が開くまであと3時間。
まぁ、帰っても暇なのだけれども。

生産者の声。

2009年05月16日 23:49

生産者の声。

おじさんは、やさしい訛りでこう言った。

にほんはねぇ、面白い国でねぇ、
食べられるだけじゃぁ駄目なんだぁ。
傷がなくて、かたぢが良くて、おいしいって、
そういうのじゃなくちゃ駄目なんだねぇ。


たわわに咲かせた花の痕。
ひとつのところから小さな固い実が天に向かって。


今年は雹が降ったからねぇ、
大きいの残しても、ヒョウガイ(傷)があったら、売り物にならないからぁ、
よく見てぱちんとやってくれぇ。
それがなかったら楽なんだけどねぇ。
なかなかうまくいかないもんだねぇ。


一つだけ、代表を残す。
ぼたぼたと音がして、足下のいたるところ、緑の球体が。

よくみれば、この木々は不自然だ。
一定の高さから、いくつかの叉に分かれて、非常に不自然だ。
これは、木だ。
針金ではない。
この形になるまでに、
この大きさになるまでに、
何年、費やしたのだろうか。


明日も、5:56。
でも明日は雨だ。

5:56。

2009年05月16日 06:27

初めてのバイトであります。


昨日通った道は、やっぱりいつ見てもいい道だと思う。
こうやって言うとなんだか哲学っぽく聞こえるけど、単に素敵な路地があっただけの事であって。

ワゴンがやっと通れるくらいの、細い道。両の塀は少しだけ苔むして、いかついデザインながらも優しかった。その奥に広がる、林。森ではなく、林。木々と竹の混ざった、緑多き中でも鬱蒼とした威圧感は見られない。ときより木々の揺れる音がするだけで、路地に風は起こらない。上を見やればどこまでも高く、空に葉の描いてあるような、世界がそこで収束しているような気がした。日照りを避け、雨をやり過ごし、自転車から足を下せば、秒針が止まるような気がした。

少しいくと、原っぱがある。
住宅地の真ん中に。

でもね、もう眠い。
電車の中で寝ると、目がむくむのだけれども、
だからこうやって文をいっているのだけれども、
いかんせん眠い。



梨のまびきをやってきます。

キャベツ。

2009年05月12日 23:38

久しぶりに、ちゃんと考えてつくった。







「キャベツのみそしる」

ハム、パン、マヨネーズ、
バナナ、牛乳、紅茶。
冷麺、・・・っと、卵、
キムチ、キュウリ、鶏肉。
ご飯、鰻、キャベツのみそしる。
あと、ナスもあったっけかな。

これが昨日のウチのご飯。
これが今日の、ウチの材料。

パーセンテージにするのなら、
右手を100%(ひゃくぱー)とするならば、
親指は、朝ご飯。
で、残りは半分づつ昼と夜。
薬指は鰻で出来てて、
小指はナスで出来てたりとか。
あっ、
おやつのコーヒー牛乳もきっと。

これが昨日のウチのご飯。
これが今日の、ウチの材料。

積り積もった材料で、
今の自分は動いてる。
テレビかなんかで見たのかな。
人間の体、10年で入れ変わる。
10年前に食べたもの、今さっき食べたもの、
入れ替わって自分になって、
入れ替わって、自分じゃなくなる。

10年前に食べたもの、9年前に食べたもの、
全部全部部屋に詰めて、
1年前に食べたもの、昨日色々食べたもの、
全部全部、部屋に詰めて、
I made from ......
何畳の部屋が必要だろう。
いくつ、冷蔵庫が必要だろう。
分解して再構築すれば、これが自分なんだって、
これから自分が出来てるんだって、
君は困って笑うかな。
ウチは結構本気だよ。

みそしるのキャベツを噛みしめた。
自分になってく音がした。

ハム、パン、マヨネーズ、
バナナ、牛乳、紅茶。
冷麺、・・・っと、卵、
キムチ、キュウリ、鶏肉。
ご飯、鰻、キャベツのみそしる。
あと、ナスもあったっけかな。

これが昨日のウチのご飯。
これが今日の、ウチの材料。


明日の自分は、何からつくろう。











・・・みなさん、健康的な食事をしませう。

人工。

2009年05月10日 18:02

人工
の意味が、人によって作られたものを意味するならば。






人間はすべて、人工物だ。

わぁ。

えっ。

2009年05月09日 22:17

買い物した。
バーコードが読み取られていく音。
財布の中の5000円札に指をかけた。


「お会計、9千と21円になります。」

あ。



幸い、10000円札もあったからよかったけど。
もうちょっと暗算するとか、頭を使って買い物しようと思った。



・・・ギターの、クロスとストラップが余計だったのかな・・・。

いや、なんか逆に嫌な予感がする。

2009年05月08日 07:03

冗談じゃなかった。

初・人身事故発生。
まじかい、って感じ。

ううぬ。
これは、初遅刻になるのかな・・・。

一目惚れ。

2009年05月06日 18:23

ネットが繋がって、ここも色々いじってみる日々。
このテンプレートに一目惚れ。

基本、最初のスタイルは変えないつもりだったけど、あーあ。
題名も、プロフィールも、変えないつもりだったんだけどな。

きっと、今日これを変えてしまったから、プロフィールや題名を変える日も来るんだろうな。
教室の隅の机。
ノートに書いた、ぶっとびましぃーん。
今でも描けるよ。

そうだ。
今度、デジカメで撮って、プロフィール画像にしよう。


そうしよう。

苺狩り。

2009年05月06日 13:41

イチゴガリ。

…。




?イチゴとガリの盛合わせ
?イチゴをかじったらガリってなった
?1ゴガリ、という単位


ははは!

ヒッキーMac。

2009年05月05日 00:48

遂に、ネットに繋がってしまいました我が家。
ま、大して変わりはないと思うんですけどね。
でも一応。

寧ろ環りたい。

2009年05月03日 23:58

部活って、ブタカツの略かなぁ
って言ったら、

それはさぁ、要するにトンカツじゃない?
って言われました。



もう、埋まりたい。

金属の紐。

2009年05月01日 01:40

右耳の、淡々と電子音に合わせる右腕。
走るなよと、諌めるタム。
キーの旋律、支える3次元。
響く歌で右耳から離脱。
最後にスパイス、主軸を整えて。

さぁ。


「えっ、その時計めっちゃかわいくない?」
緊急着陸。
隣では周りでは、弦をゴムのような扱いを。
口の中がストロベリー味だった。
ハーモニカの音もする。
持ち物を褒められてとても嬉しかったけど、そういう時って歯車に石が詰まったみたいな、にっちもさっちも行かない感じになる。

スパイスの音は続く。


最近の記事