知らない方がよかった。

2009年08月29日 21:36

そんな事を言える、幸せ。



今、悲しいのかもしれない。
多分、泣きたいんだろうな。
偉そうに聞こえる?
でも泣けないんでしょう?

いいんじゃないかな。
やる事が多くて、感情について考える暇、今は無い方が。
考える間もなく、
多分、気がついたら9月も終わっているんだろうよ。

そしたらきっとまた新しいスパンが始まって、
また違う事を考えなきゃいけなくなるよ。
そしたらきっと、今の事は忘れてる。
ひょっとしたら、明日になったらもう忘れてるとか、
君ならあり得るだろう?

放っておけよ。
好き嫌いなんて、昔はさして気に留めなかったじゃないか。
まぁ・・・無かったと言った方が正確なのかな?
その時の方が楽だっただろう?
頬だけで笑って、流れていく時を見て。
だから泣く必要も無かったし、怒る事も無かった。
好きになる理由も無いし、嫌いになる理由も無い。
均一の世界で、君は平和だった。

今を、悪くい言うつもりは無い。
ただ、今を尊重するには、煩雑な事が多すぎやしないかい?
終わらせたくない、だから始まらせない。
壊したくない、だから作らない。
閉じた世界は、それなりに美しかった。
壊すために作る事もあったけど、
でもそれは無かった事にしなくてもいい場合だった。
そうだろう?

まぁ進んだものは戻せないけど、
知った事を知らなかった事になんて無理だけど、
このままだと多分、矛盾を掘り起こして自爆するのがオチじゃない?
まぁ・・・もうしかけてるけどね。

最近の君の記事、荒れかけてるの、多いよね。


[ 続きを読む ]

ぶーぶ。

2009年08月28日 19:51

今日初めて車に乗った。

嘘。
今日初めて車を運転した。
ATと、MT。

全面的に褒められた。
高校のとき部活は何やってたの?って。
百人一首ですと言ったら怪訝な顔をされた。
運動はなにかやってなかったの?って。
かろうじてゴルフを。

ぐるぐる回りながら、世間話。
選挙の話題が今hotなんだろうか。

そうか・・・百人一首はいろんなところに気を配るし、頭も体も使うからかな。
ありがとうございます。


そうさな。
でも気をつけなきゃいけないところはいっぱいあった。
・カーブに入ったらアクセルもブレーキも踏まない。
・クラッチを踏み替える時にアクセルから足を離す。(踏んじゃうから)
ううむ。

明日の心だ。

チャリで。

2009年08月28日 19:41

踏切渡った。
右に曲がった。

線路の柵のところ、
黄色い帽子が2つ。

かんかんかんかんかんかん

たたんたたん、たたんたたん、たたん

小さな手をいっぱいに振る、4本の腕。
銀のボディに緑とオレンジの線。

ファン!

すれ違いざま。
黄色い帽子が交互に跳ねた。

度。

2009年08月27日 13:33

分かってるよ。
判ってる。
頑張りすぎると、押しつけがましくなっちゃうこと。

でも解ってないんだ。
頑張りすぎると、押しつけがましくなっちゃうこと。

御節介。


ね。
気分屋さん。
髪切ろうかな。


もう絶対してやるものかと思う。
しちゃいけない事なんだ、って思う。
したって後悔するだけだって、思う。
でも、その次の日には、また繰り返してる。
そんなんばっか。

泣いてる自分を、悲観してる自分を、
幸福に思う痩せ我慢。
幸福に思うエゴイスト。


ゆらゆらたまゆら独りヨガリ。
こうやって外に出して、
心配して欲しいのが関の山。

ポイして
ポイすて
ポイせて。







あっ、今日から教習所に行くことになったんです。

環状の動物とスイッチ。

2009年08月26日 22:16

トランス。
ふるくちぼらんす。

パソコンの画面はどこまでも薄くて奥行きがある。
視線を放せば、あぁ、自分という人間という動物が、確かにここに存在している。
メールだと色々な事がいえるのは、壁に向かって話しているようなものだと。
感情だけで、脳内だけで、運動が伝えられてゆく。

我に返る瞬間。
生きているのだ、自分は。
この体を持って、生きているのだ。

胃が痛い。

2009年08月25日 01:31

こんな事は初めてだよ。

自覚。

2009年08月23日 22:54

衝動でものを決める時が多い。
思い立ったら吉日って。

でも思い立ちすぎて、後から考えて、困った事になったりする。
でももう、しょうがないんだな。
ほら。
文頭が被っちゃった。

おっかけた。

2009年08月22日 23:22

おっかけた。

口のおっかけた壷を盗んで逃げたどろぼうを警察がおっかけた。
その日は月食で月がおっかけると子供たちがおっかけたかけたと言ってはしゃぎ出した。

おっかけた。

君のおっかけたその心、僕が埋めてあげる。
だから僕は君を、おっかけ続けるよ。

打っている自分の歯が浮くもとい、おっかけそうだ。

おっかけた。

携帯がおっけかちゃった君へ。
あ。
でも面白いから残しておこうおっかけちゃった君へ。
携帯が君をおっかけちゃったへへへ。

おっかけた。

最初から意味を逆にすると、うん。
とても楽しい紙芝居が出来ると思う。

未知。

2009年08月20日 22:44

知らないものは、楽しい。
古くたって、自分にとって新しいものならば。


みんな、いきてる。
自分も、いきなければ
と思う。

フォークソング同好会。

2009年08月17日 23:55

のライブに、エレキで出ちゃった。
ライブ2回目にしてこの快挙。
自由すぎるサークルの先輩方に感謝。

でも、沢山間違えました。
弾きながら歌うのって、難しいですね。
でも、ちょっと嬉しかった事。

「え、バンドやってた時って、ボーカルじゃなかったの?」

違 い ま す 。

でも、ちょっと嬉しいお言葉です。
ただ、今になっても思うのは、あの時のボーカルの人はめっちゃ上手かったって事。
自分でやってみると、よく分かる。

あと、

「エレキと服が合ってる。」

合 わ せ た ん で す 。
気づいてくれた事に感謝。

殺ぐ。

2009年08月17日 00:42

求めなければ、失う事もない。

失いたくないのなら、求めなければいい。
簡単な事。


だって、そうじゃなかったら、ねぇ。
疲れてしまうでしょう?

寝ないのも体に悪いけど。

2009年08月16日 23:47

寝すぎるのも体に悪いらしい。

ここんとこ、ご飯と風呂とネット、それ以外は睡眠。
ザ・不健康。


鼻水が出てきちまったぜ。

革が化ける。

2009年08月14日 11:53

靴っていうのは、凄いんだ。
だって、だって、

踏んでも壊れない。

踏みつけたって蹴ったって、走ってこけても
壊れない。
スニーカーとか革靴とかはともかく、
夏の、サンダル類。
あいつらは、結構強い。
あの鼻緒にどれだけの力がかかろうと滅多に抜けないし、
ピンヒールなんか相当に凄いと思う。
あの棒の部分は何で出来ているんだろう。

踏んでも壊れない。

靴にサイズの制限はあるけど、でも重量制限のある靴は見た事ない。
車とか、特にトラックとか、
エレベーターとか、エスカレーターもたまに、
重すぎると駄目なんだ。

でも靴は、
踏んでも壊れない。
違うな。
乗っても壊れない。

靴を履いて歩く。
靴に乗って歩く。


ここんとこ日差しが強いけど、
そう思ったらきっと、楽しく歩ける。

アンバランス。

2009年08月13日 12:34

左のかかとが右のつま先の当たってしまう、自分の歩き方。
昨日、新しい靴を履いたから新しい癖がついてしまった。

病院の前で煙草を吸いながら、自分に刺さった点滴が終わるのを待っている患者さん。
携帯で誰かと話している。

叫びたい。

2009年08月11日 17:50

其の壱。
今度秋葉原連れてってくれるって!

其の弐。
下の名で呼び捨てにするなぞ貴様、良い度胸よのお。

大人の遠足。

2009年08月09日 21:24

ちょっと大きめの運動靴をはいて、電車に乗り込む。
朝からテンションは梅雨の燕の低空飛行、地面擦れ摺れだったけど、この鉄の箱の中はなんと賑やかだろう。
別に五月蝿いと言っているのではない。
空気が、もう、あれですよヴぁけーしょん。
みんな荷物が、大きい。

がらがらを持って電車に乗っている女の人を見ると、「あ」って思ってしまうのだけれども、流石にこれは、単に旅行なのかな。


今日はバイトだった。
前回とは違う現場。
というか、ホームに戻ってきた。
なのに初めての現場。
大体前と一緒だけど、曲がり角の多いとこ。

このバイト自体は4回目。
1回目は遠くまで行って、何もかも初めてで楽しくて、
2回目は1回目と違うところで、先輩がおそろしい方でやだななんて思って。
3回目は2回目と同じところであの方と一緒でもう、それはそれはいやで、でもこれが終わったらホームに戻れるかもしれないって、苦々しく思いながらやってた。
でもさ、こういうのって終わってから気づくんだよね。
その人は確かに怖かったけど、でも汽車を連結させる時にそばで見ていてくれたし、運転が安定してきたって気笛の鳴らし方も教えてくれた。話し方はぶっきらぼうで冷たかったけど、ほんとはやさしかったんだな。

でも4回目の今日、ホームを選んだのは自分。
あの現場から逃げたのは自分。
今日の現場の人たちは、みんなやさしい。
心臓に良い人たちばっかり。
こんな事なら今月もっとバイト入れればよかった、なんて。
でも、あの現場になる可能性もあったから。
夢で日本刀で切りつけられたのは、多分それだ。
心臓に、悪い。
でも。
今も響く、言葉。
覚えてる。
多分これからの自分に、必要な言葉。
今日はサークルの先輩に沢山会ってしまった。
オーバーオールで、スーツの人とコック姿の人と、挨拶。
先輩、格好良いな。
自分も、格好良くなろう。


帰りは雨と雷と地震にやられて散々だった。
途中でゆかた姿の人達が乗って来る。
花火大会は、決行したのだろうか。

キタ。

2009年08月06日 20:31

大学のギターサークルでは毎年、9月にユニットライブなるものが行われます。
ペアですね。デュオですね。
大概、他学年で結成されます。
くじで。

さ。
そのペアが昨日決まってメールが来た訳なんですが。
うん。
まぁ確かに、なるべく上手い先輩とあたると色々聞けるし自分も挑戦できるし、
男の先輩とあたるといいなーとか思ってたんですけれども。

みんなから、「住人」と呼ばれている2年生の先輩とあたりました。
押尾コータローさん大好き、
赤いタカミネを主に叩いていらっしゃる方です。
なんていうかこう、

雲泥の差!
やばい!
曲どうしよう!

や、自分に合わせてもらえればいいって話なんですが、
でもあの先輩にそんな簡単な曲を弾かせてしまっては申し訳ない・・・!
とは言っても、自分がどんなに頑張ったって先輩の楽しめるような曲は弾けません。
だってあと2ヶ月とないのに・・・。

でも、なんだかんだいって嬉しいんですけどね。結構。
あんまり話した事とかなくて、先輩は自称シャイらしくて、確かに無口で、でも部室ノートの文章からして絶対に面白い人。
なんだか、楽しい予感がします。

というか、
曲決めて、練習して、合わせて、9月に発表なんて。
去年、バンドをやってた頃が懐かしい。

いいですよね、こう、複数、って。
一人でピアノ弾いてるときなんかと違って、
自分の時間軸と相手の時間軸とが擦り合わさって、
一回乗ったらもう、抜け出さないように、抜け出せないように、
ベルトコンベアー。

考えるだけで、もう、超楽しくなっちゃう。
でも、腕が足りないんだ、な。

だから思った。
あの曲をやろう。
ああいう曲をやろう。
それならきっと、同じベルトコンベアーに乗れるかもしれない。
物理的な障害があるけど、でも。
あの先輩と、あんなに上手い先輩と組めるなんて、
もう絶対にない。



自分に、また今年も、
文化祭がやってきた。


復活。

2009年08月05日 21:48

PCが復活いたしました。
修理から戻ってきて、メールの設定やらなんやらを済ませました。

ただ、今まで入っていた色々なものがなくて、
それから容量が増えたからかなんだか、機敏な動きがなくなってしまったような気がします。
ううむ。
どうすればこう、機微機微と動くのでしょう。


ま、とりあえず、とりあえず。

再び腕。

2009年08月02日 01:22

風呂上がり。
観察の時間。
差し出した腕、
くの字の腕。

手を組んで、
腕を伸ばして、
苦もなく付いたまま肘と肘。

差し出す腕、
くの字の腕。
手のひらひらひら、
ひょりひょり表裏表裏。

ずっと、中指が回転軸だと思っていた。
薬指だった。
びっくり。

手首の小指側。
出っ張ってる骨、
結構好き。
骨と皮だけの腕は、きっと格好良いのだろうな。



体重が減らなくなった。


最近の記事