リズム。

2011年06月30日 23:50

最近寝る時間減ってるから、今日は早く寝よう。

そうやって沢山寝た日に限って、翌日は夢うつつで1日を過ごす。

ななめ。

2011年06月29日 17:23

雨が斜めに降っている。
鉄の箱に当たって、霧になっている。
果たしてこの雨は、本当に斜めに降っているのだろうか。
遠くをみれば、林に当たった雨が霧になっていく。
もっと遠くには、雲の切れ間から後光が射している。
緩いクーラーの中、その雷は突然鳴った。
スライドが終わって下に降りれば、
半開きのままの自動ドアのところに人が沢山立ちつくしている。
突如降り立った天の水の量が、ドアから入ってくる人たちからよくわかった。
スコールなんていう言葉は、日本にはないと思っていた。
気温が下がっていた。
5分後にはチャリに乗れたが、駅につくころには人々の靴が駅構内をびしょびしょにした。
林を少し行ったところにある駅では、雨はまっすぐ降っていた。

今、ぬれているのは隣の人のズボンと、電車だけである。

さかいめ。



雨水。
あまみず。
天水。

白昼夢。

2011年06月28日 23:53

気づく。
それは過去になったことで。
渦中では、気づかないこと。

嗚呼、自分はもう、こういうパターンなのだ。
咲いたら、散る。


許可。





なんだかたのしくなってきたよ!

空気。

2011年06月25日 09:00

空が綺麗だった。
風がぬるくて、くすぐったかった。

昨日はそんな日だった。


時は、1つづつ、確実に、過ぎていく。
自分は、その時より、ちょっとずつ、引き離されていく。

言葉の出力先が、自分ではなく他人になっていく。
人間の心はロジックで、
相手の望む言葉を出力していく自分は、
一体どういう事なんだろう。

抽象的な言葉が枯れた自分に、出力するいm

アマゾン。

2011年06月22日 02:56

初めてアマゾンを使った。

前から探していた古本が、一瞬で見つかって、3日後の今日、手元に届いた。


なんだかすごいのはよくわかるけど、
なんだかちょっとかなしくなった。

接。

2011年06月21日 22:00

仲は良いよ。
だからかな。

訊ねる気はない。
君が言わないのなら。
君に言う気があるのなら、聞いてやってもいいけど。
訊ねてくれるなら言うなんて、
そこまで君を甘やかさないし、
言いたいなら言えばいい、言いたくないなら言わなければいい。
吐露。
どう言う存在かといえば、そういう事で。
自分と自分たちは、そういう風に成り立っている。

何でもない話をする。
日常。

焦がれるのは一瞬で、
その一瞬を繰り返して、人間は時間を潰してく。
消費、走る。
どうやら振り返ってはいけないらしく、
そしてまた、炭化することもない。


冷凍保存されて、ガラスケースにしまわれてしまえばいい。

部室にて。

2011年06月21日 13:04

隣から、
ドラムの音、マンドリンの音。
美しき、アナログ音。

そうだ。
ここのところ、音楽も、誰かのおしゃべりも、会話も。
見えない電波を通して、耳に金属を入れて。

音が聞こえる。
タムのロール。
弦の繰り返す同じフレーズ。


この日の午後は、暇だった。
でも夕方に用事があるから、
電子機器と隔離されたこの部屋で、
音を聞いている。

普通の日記的な。

2011年06月19日 23:46

出かけた。
久しぶりに納得のいく服装。
父「もうちょっとこう・・・夏なんだし、明るい色にすれば?」
黒安定ですごめんなさい。

車を運転した。
やっぱり父の運転は、きれいなんだなぁと思う。

人ごみの中で歩く。
つかれる。
好きな服屋さんで充電する。
あの服は、すごく好きだけど。
ブランドが好きになる事はちょっとだけ没個性だと思っている自分が負けたあの服屋さん、
でもちょっと、普段着には出来ない。

机を取り囲むグルーミー。
愛らしい。



思っている。
最近、言葉が枯れているのは何故だろう。

そこそこ急いでいた。

2011年06月16日 22:39

自転車、坂道、加速。

ふと。
体勢を低くして、ストックを脇に抱えて、重心を前に、、


耳の脇、さー、風の音。



白い、夏。

霧散、剥落。

2011年06月15日 02:02

両手を広げて、大空を走れば。

風の散る音がする。




そういうものだ。
そういうものなのだ。


感傷的な自分に酔うのはやめたまえ。

上。

2011年06月08日 16:55

ここ最近の話だが、駅の改修工事に伴って電車の2両目に乗ることが多くなった。
今までの6両目とは違う、ボックス席がある。
窓際に、進行方向を向いて座れば、
新幹線の足を、林を、田んぼをすり抜けて南下していく。

線路の枕木が、おろそしいスピードで後ろへ飛んで、
田んぼの中の空は苗木で揺れている。
ここもじきに、青々とするのであろう。

景色が飛んでゆく。
下半分だけ。
上半分の、あの小さな雲は、小さく見える雲は、
本当はどの位の大きさなんだろう。
この間の台風でそそくさと飛んで行った雲は、どの位そそくさしていたのだろう。

あの雲が見える椅子は、きっと何処にも置けなくて仕方なく机と一緒に窓際に寄せられていたのだろう。
3Fのその窓からは普通、中庭しか見下ろさない。
座って目線が降りて初めて、その窓が天井まで続く大きなものだったと気づかされる。
火曜日の午後は、其処に座ってよく過ごす。

まっさら。

2011年06月04日 09:44

新しいMacが届きました。
箱から何からおされ過ぎて、appleさんやっぱ好きだなと思う。

昨日の夜から開封を始めて、
ネットの設定をしてメールの設定をして、
何故かメールの設定がうまくいかなくて、てこずった。
いや、機械相手だから自分が悪いのだけれども。

設定は、まだまだ続く。
というかインストールなんだけどね。
とりあえず昨日は、firefoxとskypeを入れました。
あと入れなきゃなのは、
Rediocast
Soundflower
Comtwist
Okayu
hatsuneTunese
Adobe criativesuite
Microsoft office
プリンタドライバ
デジカメドライバ
フォント
とか、あと何があったかな。
結構綴り違うと思うけど気にしない気にしない。


アルミの新入りは、さわりごこちがいいです。
キーボードが光る機能には自重していただいた。
あとトラックパッドのスクロールとかの操作方法が変わってた。
あとエンターキーがでかいし、文字消そうとすると¥を打ってしまう。
まぁこの辺は慣れですね。
トラックパッドが、1本指から4本指まで操作方法あってびびった。
トラックパッド、頑張りすぎ。
ボタンもフラットになったしね。掃除が楽だ。
周りの明るさに応じて画面の明るさが変わる。
そしてバックライトの点灯の仕方がこれまたフラット。
うわんっ
てなる。
・・・勝手に明るさが変わる機能には、今日当たり自重していただこう。

新しいiPod。touch。
小さいのに頑張るね。
PCには保護シートとかつけないけど、iPodには、恒例の厳重装備。
箱から出して、速攻でシートとカバーした。きれいに貼れて満足。
iPadが小さくなりました、って言ったらいかんのだけど、そんな感じ。
小さいのに、頑張る。
ネットに繋がるってとこが恐ろしすぎるね。
あ、先日無線を入れたんですよ。
PCつけなくてもメールとか出来るって、便利ね。
Gmailとか取得しようかなぁ。
予定も天気もゲームも、全部これ。
8GBだから、曲は厳選して入れるつもり。
写真も録音もできるのね。
とりあえず色々入れたいので、iTunsesのギフトカードを調達しようと思う。
IDを作らなければ。

今日は90分の授業のために、学校へ行く。
片道90分である。
微妙な気分がするけど、でもそのおかげで午前中から活動しているのだから、
普通の休日よりも何気にお得なのかもしれない。

ジショウ。

2011年06月03日 00:38

本当は、土曜日の夕方に、この題名で投稿しようと思っていた。
「耳に穴が開いたなう。」
と。


ここのところ、20歳の終りぐらいから考えていた。
ピアス。
本当は結構前から考えていたのだけれども、成人式の着物の時に耳に穴があいてたら格好悪いなぁとか思って、
今まで開けずにきた。

何か行動する時っていうのは、きっかけが大事で。
21になったから、開けてやろうと思った。
左耳。
軟骨と、みみたぶ2つ。






わかっていた。
飾るための穴あけではない事。
目立たないところにいくつかの、穴があけたかった。
飾るために穴を開けるのではない、
穴を開けるために、飾りを入れるのだ。
それがどれだけ不健康で、
そのことが、
注射系を一切受け付けず、大学に入るまではっちゃけなかった(今はっちゃけているかと言われれば微妙だが)、
自分にあるまじき行動なのかは、ちゃんと分かっていたつもり。

消したくて、殺したくて、生まれたかった。
穴の1つや2つで大袈裟だと笑ってくれ。
周囲の病院を下調べし、友人に話し尽して騒いで、
さぁ明後日に開けよう、
そこまで決めた。




郵送で届いていた成績表を、父が開けた。
2文字ばかりが並ぶその紙を見て、冗談交じりにこう言った。
「・・・とりあえず不可をなくそうか。そしたら、どこにでも穴を開けたらいいよ。鼻の穴が3つになってもいいよ。」

父は時々無神経だ。

「がんばんなさい。」

無神経な優しさが、かなしくてくやしくて、
存在の許可を得た自分は、
じしょうをする必要がなくなった。

甘すぎる家に甘すぎる自分である。
いたいことはやめようかなぁ。





まぁ若干の好奇心はありますけれども。
とりあえず、少し健康的になった。

周りの皆様、大騒ぎしてごめんなさい。


最近の記事