機械。

2011年12月30日 02:11

58BETAとミキサーを入手した。


慣れてる物が一番良いのかもしれない、と思った、深夜。

1日1日が、今年も過ぎてゆく。

2011年12月27日 23:32

鮒の甘露煮を買い出しに行く。

しばれる、日々。


立ち位置。
クリエイト。


作る装備はある。
でも、能力はない。


そんな日々。




流動的に、生きる。

食べ物が戻って来てしまうのは、
多分速度が速い時なんだと思いました。
ちゃんとゆっくり食べないと駄目ね。

自分と自分の周りにある様々なもの。

2011年12月25日 16:53

KAWAI 820
SepiaCrue アコギ
Simon&Patrick アコギ

SepiaCrue レスポール 
FenderJapan ストラト
BOSS ME-6 
IBZ3R  

DIATONE DS-505  
Technics S6 
Nakamichi BX-1 
YAMAHA CA-2000 
Technics SL-10 

Nikon F3 (あとなんかレンズ4本ぐらい)
KONICA C35

蓄積された筆達
使い込んだ硯

Power Macintosh G3
Mac OS 9
Mac OS X
MacBook pro 13
Mac OS X 10.6.8
2.3GHz Intel Core i5
8GB 1333MHz DDR3
Adobe Creative Suite CS2
EZ Cap Mac



こんなにもこんなにも、遊ぶ物が溢れている。
それでも自分は、まだ趣味を増やそうとする。

多分、それは趣味って言わないのかな。
あんま続いてねぇもんな。

1年に何回か、ふと触りたくなり時がある。



今日はフェンダーさんに話しかけた日だった。





考える事。

2011年12月23日 01:39

が減って来たのだと思う。


一人でいる時間が、減った。
何もしない時間が、減った。

良い事なのか、悪い事なのか、分からない。



色んな事がしたくて、
でも全部手を出すわけにはいかなくて、
そんな日々。

動き。

2011年12月18日 02:13

空気の分子が衝突し合う様に、
駅で人は何人もの人とすれ違い、
そしてそんな事は気にも留めない。


どこかで会った誰かだから、
長いか短いかの、差。

やる事成す事、後手後手。

2011年12月15日 22:21

自分という存在が、段々消えて行く様な気がして。


自分が今まで大事にして来た自分というというのは、どういう物だったっけ。

家と価値観。

2011年12月10日 01:18

PCDJが気になっている今日この頃。

家で棚になっているスピーカーについて聞いてみた。
アンプは壊れているらしい。
ラジオの受信、カセットの再生、レコードの再生が出来るらしい。
要するに、ラジカセやんけと思ったけど、
昔のラジカセは随分と重装備が必要らしく、
部屋の隅に追いやられたそいつに初めて興味を持ってみた。

格好良い機材なんだけど、
アンプが駄目だとどうしようもないね。
思ったけど、
ふとレコードが入ったままになっているのがあって。


ホコリでべたついた配線を引っこ抜いた。
刺さりっぱなしの端子は、ピカピカの金色だった。
丁寧に掃除して、
自室に持って行った。
もしかしたらと思って、キャプチャボードの音声に繋げた。

何も聞こえなかったけど、
もしかしたらと思って仮想ステミキのゲインを上げた。


ゆっくりと、ヘッドホンの奥からやって来た
The Rolling Stones
CDとは違う、音。
なんだろう、ライブっぽい。
アンプとかでかいスピーカーとかから出てる音、
そんな感じがした。


自分の家にある物は、
自分の家でほこりを被っている物は、
何故かそこそこに凄いもののような気がする。
フィルムカメラだって、F3だった。


ちょっと、レコードを売っているお店を調べたくなる。

もののかち。

2011年12月08日 22:30

前も書いた気がするけど。

鞄も靴も買い替えねばならんのだけれども。
やっぱり投資は機械物にしてしまうのだ。

出費の内訳を、最近はもうしなくなってしまったけど、
多分大きい買い物では機械類が多いだろう、
あとインクとか紙とかそんなん。


最近、音楽という物にしてやられてしまっている。

動画上げたり何だり、
配信がどうとか、
学祭でミキサーを学び、
最近はDJというものに出会った。

機械と、音楽。
音も電気も波だけど、
何となく納得出来ない。

楽しい事だけは、なんとなく分かる。


色々な事を知って、
色々な事に手を出したいと思う。
ただ、
今までやり散らかしてきたものが、
後ろを振り向けばそこにあるから。

ギターもピアノも習字も絵も、
イラレもフォトショもガレバンもクオーツコンポーザーも。

化学も。


色んな事に手出し出来る時期が、今だって事も、何となくは分かってる。
まぁきっと、これからそんな時間は沢山あるようで、無いようで、
でも思い立ったが吉日、そんな感じもする。

執行猶予が付いている。
長ければ長い程、
刑は重い。
そんな気がしてる。


自分が1日1日、
何を思って過ごしているのだろうかと、
人が1日1日、
何を思って過ごしているのだろうかと。
思う。



ピアノは中古で8万だった、あれはちょっと異例の安さだったけど。
買い替えたギターは、中古で3万だった。
一番高い筆は、8千円だった。
最初に買ったギターもその位だった。

PCDJに手を出したい。
色んな人から借りて蓄積された音楽が、
掘り出されずに眠っているのは勿体ない気もするし。
何しろ、音楽×機械、である。


格好良い物が、多過ぎて困る。
なんだろうな。



多分、
Macの世界に引っ張ってくれた、いとこさんの後を追っている様な気がする。
後から思えば、遊びに行って入れてくれた部屋には、
ターンテーブルやらレコードやら、
作曲も画面の中でしていた様に思う。
その時はよくわからなかったんだ、その楽しさが。
何せ、
13歳も離れているんだから。


自分は、どこだろう?
でも、自分にもし兄弟が居たら、
多分こんな感じなんだろうな。

成分表示。

2011年12月05日 01:38

嫌いな食べ物は何かと言われれば、
多分ガムだと思う、飲み込めないし。
あと野菜の辛いの。
ゴーヤ。


たまに、嫌いな食べ物を忘れる。
その位、殆どの物は食べるけれども。


特に気にした事もなかったが、
自分には腹が減るという事はよく理解出来ない。

食事。
なぜ、するか。
時間が来るからである。
そしてそれは、昔の自分にとってけして楽しい事ではなかったように思う。
咀嚼して、押し込める、作業。
食が細かったのであろう。
きっと親は燃料を入れなければと焦っただろう。
お腹がいっぱいになってから食べる量の方が多いのだから、
なんでそんなにいやいや食べるのかと言われても、
嚥下出来ないものを口の中で遊んでいる事しか出来なかった。
残すという選択肢は見せてくれなかった。

生きる為の作業だけれども、
多分小さいときの涙の殆どは、
食卓で流された様に思う。

好きとか嫌いとか、そういう次元ではない。
それはきっと宿題にも似て。




暇つぶしとして何か食べる様になったのは、
極々最近の事である。
あれが好きとかこれが嫌いとか、
言える事は幸せだと思う。

食べられない、という言葉が嫌い。
アレルギーじゃないんだからさ。
本気で食えない人に大分失礼だと思うのだ。
それは趣向の問題だから。
まぁそういう意味じゃないってことは分かってるけどさ。
だまれよ、ざけんじゃねぇよ、くえるだろうがよ。
という言葉を毎回飲み込んでいるのは内緒。
ここに書いた時点で内緒じゃないって言うのも内緒。


最近、いや、これは近年か。
多分肺と喉を分ける弁かなんかがぱたぱたしちゃってるのか、
喉を空気が行ったり来たりしてる。
来たりする分にはしゃっくりみたいだからいいんだけど、
行ったりするときは極々小規模なげっぷみたいになるからなかなかに良くない。
鎖骨と鎖骨の間でがほがほ言いながら、喉の小さなスキマを空気が流れてく。

最近、うん、これは結構最近。
お腹はいっぱいにはならないし、別に普通に食べているのだけれども、
食べた後の1時間位。
何回か戻って来てしまうのである。
幸い喉で止めているのだが、咀嚼した物が戻ってくるって言うのはあんまりいいもんじゃない。
お腹いっぱい過ぎて吐きそうとか、そういうのなら分かるのだが。
そうじゃないのだ。
食道が、ちゃんと物を押し込められなくなっているのだろうか。
別に食べた後すぐ横になったりとかしてないから、
弱ってはいない筈なんだけどなぁ。
吐き気はないから、いいけどさ。



喉が凄く乾燥してて、いがらっぽい。



今日は、つまらない話をしたね。

過程。

2011年12月04日 02:40

ぬいぐるみをもらうより、

生地と綿と針と糸を貰う方が、
ずっとずっと遊べると思うのだ。

ごもっとも。

2011年12月02日 23:47

久しぶりに感情が高ぶった。
いつぶりだろう。

フラスコの中の塩化ナトリウムはぐるぐる混ぜても中々溶けなかったけど、
諦めて放置しておいたら、いつの間にか透明になっていた。

存在と所存。
制限と諦め。

本当に欲しいものを本気で所望してはいけない。
寧ろ得られなかったときのシュミュレーションを完璧にして、
どう転んでも冷静で居られる様にしなければならない。



とうの昔から、慣れていた筈で。


教育とは、一体なんだろう。
精神的健康とは、どういう事なんだろう。


たまに自分が、普通でありたいと思ってしまう。
どう転んでも冷静でいたい自分にとって
これは大きな障害だ。
普通じゃないが為に得られたものと、
普通じゃないが為に得られなかったものを
天秤にかけて、
だからどうなるのか知らないけど。
見えないものがあり過ぎて、
自分にはどうしようもない。


ただ一つ。
自分に何があったのかを、
この現象を、
直らなくてもいいから、話し合えたら、

出来ない事を本気で望むのは、
悪い事だ。

そう、
短い人生の中で、培って来た筈だ。



許された世界で、生きる。
許されていない事を、望む意味はない。


それはきっと、
人間が不死身でないように。


最近の記事