なんとか焼きの話。

2012年08月28日 22:21

いか焼きと
たこ焼きと
たい焼きの、

差分について議論したい。

文面的には、海産物が焼かれているという点で同じなのに、
絵に書いた時の驚きである。


この驚きとシュールさを、
どうにかこう、伝えたいのだが、

いかんせん日本語は難しい。

空飛ぶ夢の話。

2012年08月27日 22:17

空を飛ぶ夢は、自分にとって幸せである、とても。
楽しいから。

生身で飛んで、風も受けて、
大気の上に乗る、という感触。

重力が少しだけ小さくなって、
走り出して地面を蹴れば、
瞬く間に遠く。

広げた両手で風を、バランスを、とって。



最近、2回程見た気がする。
とても、とても。

この場所が君たちにとって刺さる場所だと知っている。

2012年08月26日 23:35

2人には見えてる世界。
自分には見えない世界。

少しだけ、ほんの少しだけ、
そがい、の

わかってるわかってるよみえないからふみこめるの
ふんでふみあらしてそれでも自分がそこにたっていてもいいと、

いってくれてることも。

時と場所。

2012年08月23日 23:32

君たちのいた空間を、

振り返れば、囚われて。

不感の自分は、
引き千切られる側の痛みを知りながら、
知らぬ顔して走り出す。

それがきっと正しいことだと、
それしか出来ないと、
思うから。

顔。

2012年08月22日 21:41

色々と、表情に出るようになってしまっていて、
自分はそれがとても厄介。

何考えてるか分からない。
そう言われたこともあったんだけどなぁ。


何故喋りたくなるのか、
という点については、未だ不明。

海を見た話。

2012年08月20日 23:16

飽きない。

波打ち際に立つ。
足下の砂が、さらさらと去り往く。
そうやってこうやって、沈んでいく自分。
足踏みをすれば、海抜がマイナスになる。
砂の中は少し下がれば冷たくて、
太陽は偉大だと思った。
立ち尽くして、立ち土筆て、
波の来るのをひたすら見ていた。

水は痛いのだと、思った。
波にぶたれて、水は痛いのだと、おもった。

海岸線沿いに道路がへばりついて、
崖を削って人々が住んでいる。
がんばるなぁ。

夜は少し星が見えたけど、
空も海も分からない、吸い込まれる様な闇が、
やっぱり苦手だった。

昨日の話。

2012年08月16日 23:58

父殿とゴルフに行った。
年々、ゴルフらしくなって来た気がする。

128。

後ろの組の人が見てたりすると、もう、全然だめですね。
プロとかは、ほんとすげぇんだなって思います。

父とゴルフの話。

2012年08月13日 22:45

思えば、習い事に入っていたのかもしれないが、
それをあまり外に言うもんじゃないと、言われていた。

ゴルフ。

ただただ、父が一緒にやりたい、それだけで自分もゴルフをやっていた。
それなりに大きくなり、コースに出れるようになるまで、
そうね、何年かかかったね。

だから炎天下が嫌いでも、
行こうと言われた時には素直についていく事にしている。

夏休みに1回行くのが恒例になったのは、高校になってからだったと思う。
スコアの善し悪しがどうこう言えるレベルではない、
それでも、父がちょっと楽しそうなのは、自分も嬉しい。


今日は練習に行って来た。
明日の筋肉痛が怖過ぎますね。

一。

2012年08月05日 23:27

自分の意のままに物事は進まなかった。

だが自分の性格の侭に、物事が進んだ。


外の世界は、本当に本当に、やらかしてくれる。

全ては、正しい方向へ。



良々。



かなしい事と有り難うな事と少しの敗北感と壮大な安定感。

言葉が浸透して、

トランプタワーじゃなくて、
ジェンガ。だと思う。

引っ張り出して、積み重ねて、
これは引っこ抜けるかな、
いやこれは駄目だろう。
じゃぁこっちだな、
抜いたこいつを、

何処に置く?


不思議と倒れなかったのだから、
そこには少し、意味があっても良いんじゃないかと思う。


かなしい事と有り難うな事と少しの敗北感と壮大な安定感。



さぁ。

許容。

2012年08月04日 23:28

許す事だと、彼女は言った。


自分の行動を、思考を、
自分で許可できない。



という事。

ひとつづつ、こまをすすめて。

いっぱんかめん。

2012年08月03日 23:40

一般化されていく自分、
というよりも、

一般化を受け入れる自分。
一般化へと歩みを進める自分。


そんな感じ。


最近の記事