声。

2013年02月25日 13:40

びっくりするほど更新してなくてびっくりしたよ。


最近はね、最近は、
文章化するという手段を使わなくなってきたんだと思う。

言葉、以外の言葉。

音、速度。
バリエーション。
そこに載せるは、単純が複雑化されてまた単純に纏められた何か。

真っ直ぐ、飛んでゆく、音。
置かれる、音。



記録を掘り出してよみかえす、
あー、これは多分、楽しいんだろうなぁと思う、
思うよ。

だから、もうちょっと固く在らなければならないとも思う。
それから、やり返さなきゃなとも思う。




「思う」が多用される文章。
体言止めが好きだったのにな。


好きとか嫌いとか嫌だとか、
言ってる自分が疎ましい、
疎ましいけど、
楽しい。


人間を分解する作業はやったことなかったかもな、
スマッシュをボレーで打ち返す、
見えたら放り投げる、


受容



受容。
受容か。

需要。

需要の受容。

いやいや、ふざけてはないですよ。





面倒になって放り投げた、事象を、物を、人を。
逃げ切るつもりで走り出したけど、少しだけ後ろを振り返る。

もうここを、誰が見てくれてるのかわからない、
彼女も彼も、
多分彼らには苦味でしかない。
それでも、存在は必要だと言ってくれる。

いっそ悪態を、ついてしまえば良いのだろうか。
好きにしろと言ってくれるから、


最近自分は我儘になっている。
前から行動的に我儘だったが、最近は言動的にも我儘になっている。

わがまま、なのです、現状が。

我が、まま。

我が、意のまま。


使役ではなくてね、受動的な意味で。
我が意するように、動いてくれる。
あるいは、外の動きが、我が意になってるのかもしれないけど。

いつか離れる時が来るという文章を頭に留めて、
だからこそ経過するこの時間の貴重さが。



文章が打てなくなってる気がする。
困ったね。






マイクラとか、ああいう積み上げるゲームは、最初が面白いの。

自分、要、アプデ。

近状報告。

2013年02月19日 23:56

なんとか研究室が決まって、1週間が経った。
人も雰囲気も、好きだ。

本当は有機がやりたかったのかもしれないけど、
でも計量士も受かってしまったし、多分何かの縁なのだと思って、
水を綺麗にするところへ行きました。

2月も2月。
進学するのか就職するのか、
1年前から考えてはいたけども、
未だに、その日によって意思が揺らぐ。
こんな時期にこんな事を言っていてはいけないのだろうけども。

性別が逆だったら院に行くのにな、なんて、
そんなのは逃げなんだろうなとは思う。
「家庭に入る」という選択肢が出来ないのだから、
多分その辺はお互い様。


10年先に、自分がどうなっていたいのか。
考えてもしょうがない気もするけど、
出来るだけ手は打ちたいよね。



何を一番優先したいんだろうな。

そんな日々。

3と-1。

2013年02月11日 13:53

飛び降りてしまえば、さ。



そこに終着なんてしなくていいのに。
そこに執着なんてする必要も無いのに。

自分が自分として立つ為の、
理を、

離さない事。

髪を切った。

2013年02月05日 01:53

自分の命を運ぶものが、


こちらこちらと
言っている。


最近の記事