桜。

2013年03月31日 23:58

ひらりひらりひらり。

周りの時が流れてゆく。


ただ、周りの時が流れてゆく。



色々なものから卒業しろという意味なのだろう。
周りの時だけが、流れてゆく。


電子雲の感情は存在確立として浮遊しながら。
おそらくはおそらくは、積分する能力が無いのだろう。



それでもぽつりぽつりと線になるものは、
緩やかな湾曲を得て。

どこまでが遊びで、どこまでが本気で。
多分、本気で遊んでるっていうのが旨い逃げ方。


この先の何年かを思う。
何年か前の自分は、何年か後の過去について
考えたことなどあったのだろうか。



踏みしめる大地の肥沃。

細い線が、ラインが、
真っ直ぐではないから、
交わってまた離れて、また交わる。

一瞬の
瞬間の。


皆、過去の事をよく覚えている。
よくも、覚えている。

筒。

2013年03月27日 23:23

人の考えている事とかが流入しやすい環境。
繋がる。


みんな、あんなに些細な事もわさわさと考えて生きているんだなぁと思う。


改めて、自分の性格の有り難さよ。

観。

2013年03月23日 21:28

他人の目に映る自分を考えた事は沢山ある。
自分を映している他人について考えた事は、

多分ない。

自分から排出され往くものの行き先について。

2013年03月20日 23:39

大方は、自分の為に排出され、自分の為になっていっているんだと、

ふと、
ふと、果たしてこれは相手にとって好いものなのだろうかと思いついた時に
自覚した訳である。


イヤホンを外して画面から目を逸らす。
そこには夜があって、日中の為に用意された睡眠の為の夜があって。


自分の生き場所は何処なのだろうと、
思ってみたりもする訳である。

告げ口。

2013年03月20日 00:48

こちらを向いているものを、
引き寄せて張り倒したくなってしまう。

炭火。

2013年03月15日 23:20

自分の置き場所が不明瞭。

酷く落ちつかない刻。

2013年03月10日 22:20

何かにつけて愚痴と不幸自慢をするのが近年のトレンドなのだろうか。


もさもさと吐露されて、
「あー、そうだねー、がんばったねー」
ではなく、
「こうやってこうしたらこうなるから、そうした方が楽じゃない?」
と言ってしまう辺り、自分はやはり男側の人間なのだと思う。


君が人について何か言うってことは、自分も言われてるってことなんだよ。
なんであの人はこんな簡単な事に気づかないんだろうって、自分だっていっぱい気づいてない事があるって事なんだよ。
自分に合わせてくれると思うなよ、
想像通りだと思うなよ。
自分にあったものを見つけるんじゃねぇんだよ。
自分がそれにどんだけあわせられるかって、そういうもんだろ。
煙たい上司は筋の通らない事を色々言うけど、
多分自分が後輩に正しい事を色々教えてもそれはきっと筋の通らない事になっていくんだよ。
上に振り回されるのは、生まれた時からの世の常だろう。



人に、自分の嫌な経験を話すのは何でだろうと、いつも思っているよ。
自分はそれを、シェアすべきものだとは思ってないし、シェアしようとされるのは煙たい。



楽しい事だけ話してたら、駄目なのかね。
そんなのは、いいこさんですかね。

甘いものは、少しで良い。
9苦くても、1甘けりゃ、嚥下出来るだろ。


言葉はいつか、巡って自分に還って来るんだよ。



相対と相対。
20℃が、果たして寒いのか暑いのか、というお話。


最近の記事