笹船。

2015年01月29日 02:36

濁流かと思った。
でも、海に出た。

見事だった、
笹船に乗っていたらしい。



自分の目は見えていなくていいやって、
そういえば、思ったんだっけな。


自分は自分で言った事を忘れてるし、
やっぱりまた繰り返して、同じ様な言葉が飛んできている。





一番辛いのは、笹の根なんだろうなぁ。

キチン。

2015年01月19日 00:36

要は、今までのツケが回ってきた、
ただそれだけのことなんだけどさ。

きちんとする、って事、
してなかったんだよね。

しかもここの所、繰り返してる気がして。


まぁいっか、
を、自分に対してやり過ぎ。

第三者目線で物を見る事が出来る人だって、
そう称してくれた人も居たけど、
それは本業には全然色が出てないんだよね、



・・・まぁなんていうか、
要旨の締め切りなんですよ、
ただそんだけなんだけどさ。
ただそんだけの事が、自分を埋め尽くす事がある。

先生は凄い。
だからなんだろうけど、恐ろしく怖い、
いや、自分がちゃんと出来てないから怖いのかもしれないね。

先生の凄い所は、
人の、行動とかには怒るけど、人格とか、人自体には怒らない所だと思う。
自分だったら、絶対に言ってしまうであろう苦言を、
先生は言わない。

だから余計に怖いんだ。
幸せな事なんだけどね。

人間は完璧ではないけど、
でも自分はあまりに穴だらけすぎる。

狙撃。

2015年01月17日 00:34

自分に興味を持ってもらえる事は非常に嬉しい事だったんだけど、

そうじゃなくなる事もあるらしい。

4つ。

2015年01月15日 01:02

反応があるって言うのはやっぱり面白いもので、
自分も人目を気にしているんだなぁと思う。


いくつかの名前を持って複数の所を点々とした。
抜け殻みたいに、いくつかの名前は後ろに飛んでいった。
栩森もそう、だな。


でもここにきて名前にかかる事象が一気に押し寄せてきた。
棲み分けをしていたつもりだったけど、
それには人間がやはり複数必要だったのかもしれない。


繋げると、面倒、
でも、中途半端に済み分けたから、なんかよく分からなくなってきた。






でも良い事も一つあってね、
栩森がまた息をし始めたって事。

場所。

2015年01月13日 00:50

何も書かないまま1ヶ月以上経って、年が明けていた。
相変わらずSNSに文章を垂れる日々。

何の為に文章化するのかが、違う気がしている。
相手から反応を貰う為の文章。
無論ここも誰かが見てるんだろうけど、
別段コメントが欲しい訳でもなく、
直ぐに誰かが読んでくれる訳でもなく。
ただただ、誰かが気の向いた時に開く、
そういう所。
夜の海に対面する事、
過去の自分に会う所。

「何のために」は、自分にとって大事な命題である。


最近の記事