放出と加速。

2011年09月11日 22:43

繰り返す、また繰り返す脱皮。

それは学んでいないという事なのか、
学んでいく仮定の必然か。



自分をいてこますにはどうすればいいのかと、ふと考えた。
精神的な意味で。

1番の親友には嫌われてるのが日常。
一番大事な物は多分自分が作った物とかなんだろうけど、
完成した物が辿る一途は崩壊しか無い事は覚悟して作っているので。
PCのHDDがぶっ飛んだ時も、まだ笑っていられる余裕があった。
大学に入るまで誰にも言えなかった事も、今ではネタに出来る様になった。
どれだけ試験に落ちても、どれだけ希望通りにならなくても、
それに対する心構えは、栩森陽という存在が確立する前から存在している。

自分の、根底は、何だ。
根底をひっくり返してくれるような事は、何だ。
頭が真っ白になって、あのちょっと楽しそうな感じ、

幾度となく、自発的に繰り返す線香花火。
多分きっと、そういう事なんだろう。



ひっくり返す、過去、
多分ね、いくつかの方法があって、
それはきっと自己防衛で作動しない様になってるんだ。

自分が今思いつく方法は、
3つ。
その内、その事態を上手く仮定して想像出来ない事は、2つ。

上手く出来てるもんでさ。
自分は、自分の腕が大好きだ。
そう認識出来るかどうかの、差なんだね。




夜が来る。
あーあ、またやっちまったと思うけれども、
それは線香花火に似て。


脱皮、其の?


コメント

  1. ユゥ | URL | -

    こういう文章すきですよ。


    根底がひっくり返るとき、それは未来

    後ろを見ても過去は不動の永遠 こっちのことはお構いなし

    線香花火もきっと過去を見て 輝かしい自分をみたいだろうね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://phytochemical.blog82.fc2.com/tb.php/1150-912dadd5
この記事へのトラックバック


最近の記事