FC2ブログ

ひとりぐらしだって。

2016年05月05日 01:31

一人暮らしになるんだって。

いよいよだね。


家に帰って誰もいないって、
ちょっと変な感じかもしれないね。

楽しいのかな、楽しくないのかな。

大きな装置に向き合って、
そいつの世話をするんだって。
そいつは海の風を吸いながら生きていて、
白い煙を吐いてた。

早速で行った下見は、
住むためじゃない街で、
街というか、
何かもっと、見えない大きな生き物が住んでいて、
その脇を人間がそろそろ通り抜けてくような、
作業感溢れる島だった。
工業的に隔離された場所。
道路の脇には捨てられたものと捨てられた土地があって、
昼間だったけど廃墟みたいで、
空気が固まっていた。
誰も通らない歩道はアスファルトがめくれたりしてて、
草が生い茂っていた。
上からみると、四角くて、変な形。
捨てられているのは、道路の吹き溜まりのプラスチックやぬいぐるみやソファじゃなくて、
この地面の下の、
埋められた生産物。
海抜4m。
作られたんじゃない、捨てられたからできた土地。
まっすぐの道路。
窓のない大きな豆腐。
対岸に古びた麒麟。
火を吹きながら、
嗚呼、これは映画でよくある、
危険な茶色い作業場に出稼ぎに来るお父さんの話のやつだ、
とか思ったりした。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phytochemical.blog82.fc2.com/tb.php/1495-761f16bf
    この記事へのトラックバック


    最近の記事