ちょっとのことがきになるとき。

2016年08月04日 00:29

ずっと同じことを、定期的に煮え繰り返して、いる。
だいたい断続的に。


今日は都市部の朝に突っ込んでしまって、
こんなにも白と黒の服で、
何かに向かって歩いて行っていて、
ここから例えば数十人数百人が消えてしまっても、
何も問題ないんじゃないかなって、
おもった。

それは自分が初めて新宿駅に行った時と似ている。

存在と経済。
肉詰めの電車。
人件費が運ばれていく。
電車は細い。
歩いていると、大きな荷物と一緒に道に寝ている人も、
ぱりぱりした戦闘服の人も、
自分も、
飲み屋さんに誘う係りの人も、
みんな一様で、
みんな一様ではない。

一様ではなくて、
なんだか世間的にいい感じの道を歩いているらしかったけど、
たまに、もう少しウエットな道も歩いてみたかったなって、
多分それは、たまにイチゴ味のものを食べたくなるのに似ている。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phytochemical.blog82.fc2.com/tb.php/1503-5f1974fc
    この記事へのトラックバック


    最近の記事