推進力。

2017年03月20日 21:52

推進力が求められていた。

昨日、
午前はなんだかなぁという展開で、
なんというか、とてもつよいいきものをみた。
進めたり、決めたり、交渉したり、そういう力が必要なんだなぁと思った。
午後はおとなしくしていた。でも、なるべく自分という生き物がどういう感じなのかは
伝わってほしいなぁとも思ったけど。

相変わらず、分析力とそれをやわらかに表現してくる感じは不服でありすりよってしまうところであるなぁと思う。
一方で自分の方が器用な生物だと信じで疑わない点は、自分の晴れやかな部分だと思う。
今まで、怒られてたことがどちらかといえば奨励され、
むしろプラスして要素が与えられている。
僕は、どうすれば氏が怒らせることができるのだろうかとたまに思うけど、
それは自分にとって行動に起こせないことであるような気がして、
あるいは地雷は埋まっていてこそなのかもしれないなと思う。

昨日の夜は比較がなされて、自分の家にとても怒っていたように思う。
礼節。






この選択が大丈夫なのだろうかと、何回か考えてる。
分岐の最初がどこからだったかはわからないけど、
とかく最初はありえねぇと思っていたわけだ、それは自分の周りにいた人が案外女性的な造形をしていたからのように思う。
目的地と違う駅で降りようとするしなんだか落ち着きがないし、
割とディープな話を電車の中でそこそこ大きな声で話しちゃうし、
全体的に弱そうだなっていう感想だった。
鼻炎だしお箸の持ち方謎いしすぐネクタイになんかこぼしちゃうし汁物の取分けが不得意だし。
でも気づいたら随分と追跡されていて、おう待てやという具合だった。
いろんな人を知ってるくせに、なんかよくわかんねーとこで照れたりするのは不思議だなぁと思う。
僕が氏にとって都合の悪いとこを書くと、後で僕の忘れている僕の都合の悪いところをたくさん並べられそうでつらみ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phytochemical.blog82.fc2.com/tb.php/1517-9dee006c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事